楽天カード

【楽天カード】ポイント還元の「凄さ」を節約マニアが徹底解説。楽天市場だけじゃない!

更新日:

近年、楽天経済圏の規模拡大に驚かされます。

マクドナルドやくら寿司などでも「楽天ポイントカードお持ちですか?」と会計時に聞かれることが増えてきました。

街中でも▼このマーク▼を見る機会がかなり多いですよね。

チェーン店も多く、せっかくポイントが貯まるチャンスをみすみす手放してると思うと少しもったいない気がします。

ぼく自身、デザインがあまりにもダサいので無視してきましたが、そろそろ無視できない存在になってきたので徹底的に調べてみました。

本ページではそんな楽天カードの特徴、メリット、デメリットなどを解説します。

タイトルに節約マニアと書きましたが、どのレベルかと言うと、

ラーメン屋で妻がラーメンを注文し、ぼくは妻が食した後のスープに替玉でラーメン1杯食べる。※自分のラーメンは頼まない

ヤフーカードは妻と別々に申し込み、それぞれ1万ポイント獲得する。

そんなレベルです。

楽天カードでも新規入会キャンペーンで5,000ポイント貰えますがもちろんGETしました。めちゃくちゃ簡単なので詳細確認してみてください。

通常5,000ポイントが期間限定で7,000ポイントに増額中!!!

Yahoo! JAPANカードは毎週末10,000ポイント獲得できるのでこちらも要チェック。

年会費無料【Yahoo! JAPANカード】

楽天カード会員数や楽天市場出店数などの規模

楽天カード株式会社が発行しています。
※楽天株式会社100%子会社

会員数は2018年1月時点で1,500万人。2017年4月に1,400万人だったため約9か月で+100万人達成。

2017年の楽天カードショッピング取扱高は6.1兆円。

よく比較されるYahoo! JAPANカードの会員数は約468万の為、3倍以上の差となっています。

楽天市場流通総額における楽天カード決済比率は2017年12月には55.9%。なんと半数以上が楽天カードで決済されています。

  • 楽天市場出店数(2017年12月):45,619店
  • 楽天会員ID数(2017年12月):約9500万
  • 楽天モバイルユーザー:約150万人

どの数字を見ても規模の大きさが伺えます。

楽天カードの最大のデメリットは「分かりづらさ」です。今回調べるにあたり、サービスやキャンペーンが多岐にわたり本当に分かりづらい…様々なサービスやキャンペーンが乱立しています。

だけど全て理解すると相当魅力あるクレカですね。

楽天カードの概要

概要をまとめます。

発行費用 無料
年会費 永年無料
ブランド Visa、Mastercard、JCB
利用可能額 最高100万円
家族カード 年会費無料(5枚まで)
生計を同一にする配偶者、親、 高校生を除く18歳以上の子供
獲得ポイント 楽天スーパーポイント
還元率 1%(100円(税込)につき1円分)
楽天市場:最低3%
ETCカード 年会費540円(税込み)
ダイヤモンド・プラチナの会員は無料
支払日 月末締め翌月27日払い
電子マネー 楽天Edy
ショッピングリボ実質年率 15.0%
キャッシング実質年率 18.0%
再発行手数料 無料
解約費用 無料
保険・補償 海外傷害保険

これだけだと他のクレジットカードとあまり変わらない内容です。

楽天カードのデザイン

イケてないから避けていた…と言いましたが、デザインがかなり増えてます。

  • FCバルセロナデザイン
  • 楽天イーグルスデザイン
  • お買いものパンダデザイン
  • ディズニー・デザイン

楽天カードーデザイン

通常デザインは相変わらずダサいですがその他のデザインであれば許容範囲ですね。

ただし、デザインごとに選択できるカードブランドが異なりますのでご注意ください。

  • 通常 ⇒ VISA/Mastercard/JCB
  • FCバルセロナデザイン Mastercard/JCB
  • 楽天イーグルスデザイン Mastercard/JCB
  • お買いものパンダデザイン Mastercard/JCB
  • ディズニー・デザイン JCBのみ

楽天カードの種類

実は楽天カードはめちゃくちゃ種類が多いです。

  • 楽天カード
  • 楽天PINKカード
  • 楽天ゴールドカード
  • 楽天プレミアムカード
  • 楽天ANAマイレージクラブカード
  • 楽天カードアカデミー(学生専用)
  • 楽天銀行カード(キャッシュカード一体型)
  • 楽天ビジネスカード
  • ヴィッセル神戸オフィシャルサポーターズカードV-style
  • 楽天ETCカード(ETC専用)

それぞれに個性がありますが本当に分かりずらい(^^;

なので以下より一般的な楽天カードについて記載します。

 

最短1週間で使える

申し込んだら少しでも早く使いたいですよね。なので最短1週間で利用可能になるのはとてもありがたい存在です。

また、申込時に免許証コピーや印鑑などが不要でかなりお手軽です。

新規入会ポイントも簡単な条件でGETできるので悩んでいるのであればすぐにでも行動した方がいいです。

期間限定で通常5,000ポイント⇒7,000ポイントにUPしています。

楽天ポイント獲得方法

ここからは楽天ポイントの貯め方を解説します。

基本ポイント

100円(税込)につき1ポイント。

1回毎ではなく、毎月の利用額に対してなのでポイント獲得に無駄がないです。

例えば99円のお菓子を100回買った場合、合計9900円のため、99ポイント獲得できます。

ちなみにYahoo! JAPANカードだったら上記の場合0ポイントです。極端な例ですが(^^;

Yahoo! JAPANカードも100円につき1ポイントですが、利用の都度ポイント計算されます。なので99円だと100円未満のためポイントなしとなります。

上記の為、Yahoo! JAPANカード比較ですが、楽天カードは効率よくポイントを貯めることができます。

楽天イーグルス、ヴィッセル神戸、FCバルセロナが勝った翌日はボーナスポイント!

楽天お抱えスポーツチームが勝てばボーナスポイントを獲得できます。

  • 1チームでも勝てば全ショップポイント2倍
  • W勝利で全ショップポイント3倍
  • トリプル勝利で全ショップポイント4倍

めちゃくちゃ凄い…

ただしポイント獲得にはエントリーが必要となるのでご注意ください。

スーパーポイントアッププログラム(SPU)が凄い!

楽天市場での買い物に対して、一定条件を満たすとどんどんポイント還元率がアップする仕組みです。

例えば、

  • 楽天カード利用:+2%
  • 楽天モバイル利用:+2%
  • 楽天市場アプリ月1回以上利用:+1%
  • 楽天ゴールドカード利用:+2%

などなど。

様々な条件があるので詳細はこちら確認してみてください。

ちなみに上記条件を全て満たすと還元率8%、さらに前述の勝利ボーナスポイントを足すと10%以上のポイント還元が実現できます。

楽天カードを提示して貯める

楽天カードは楽天ポイントカードとしても使え、対象店舗であればカード利用しなくてもポイントが貯めれます。

代表的には

  • ビックカメラ:対象商品購入額に対して5%
  • マクドナルド:100円につき1ポイント
  • くら寿司:200円につき1ポイント
  • しゃぶしゃぶ温野菜:200円につき1ポイント
  • ダイコクドラッグ:200円につき1ポイント
  • SUIT SELECT:100円につき1ポイント
  • PRONTO:200円につき1ポイント
  • ありサンマークの引越社:100円につき4ポイント※月~木は8ポイント

などなど。よく行くお店があるかもしれないので、下記ご参考ください。

楽天ポイント提携店

楽天ポイントの使い道としては、ポイントが貯まるお店ではほぼ全て1ポイント1円で利用できます。なので利用先もめちゃくちゃ多いということです。

 

ポイント加盟店サービス利用でポイントUP!

加盟店での利用で3%ポイント還元。

楽天市場しかポイント還元があまりよくない。そんな風に思っていたのですがどうやらそれは誤情報のようです。

加盟店での利用で3%のポイント還元を受けれます。例えばENEOSが加盟店です。また、ありサンマークの引越社やサカイ引越センターも加盟店となり、例えばありサンマークの引越社だとカード提示で8%(100円につき8ポイント※月~木曜の場合)、カード利用で3%のため、合計11%のポイント還元となります。引越しは高額になるためこれだけの還元があるとかなり嬉しいですね。

引越しの際は楽天カードは必須と言えるレベルです。

と言ってもポイント加盟店サービスを受けれる店舗はまだまだ少ないので今後どんどん拡大して欲しいですね。

ポイント加盟店サービスについて

以下よりポイント獲得以外のメリットを解説します。

ハワイラウンジで利用できる

ハワイに行く人が楽天カードをメイン利用しているか…というと少し疑問ですが、ワイキキに楽天カード会員専用のラウンジがあり、無料で利用できます。サービス内容は素晴らしいです。

  • 日本語スタッフが常駐
  • 荷物の一時預かり
  • Wi-Fi環境あり
  • 飲み物や傘を提供
  • ベビーカー貸出
  • 授乳室あり
  • キッズスペースあり

一部のみ抜粋しましたが、旅行の際には安心できそうなサービスが多々ありますね。

詳細はこちらよりご確認ください。

楽天カードのデメリット

ポイント獲得が凄すぎるが故にめちゃくちゃ分かりにくい。今回かなり調べました。だけどそれでもいまいちわかりません(^^;

あと楽天市場も個人的には相当使いにくいと思っています。直感的に分かりにくすぎます。苦笑

AmazonやYahoo!ショッピングと比較されることが多いですが、使い勝手という点では最下位だと思います。

まとめ

質問

結局は誰が作るべき?

答え

誰もが作るべき

理由は?

新規入会キャンペーンで誰でも簡単に5,000ポイント獲得できるから!

貰ったあとは複雑すぎるのは嫌だから使わずに放置…調べればめちゃくちゃ還元率が高いので研究して利用…どっちでもいいと思います。

ぼくはもう少し調べるまでYahoo! JAPANカードを使い続けます(^^;

最後までお読みいただきありがとうございました。

ヤフーカード完全ガイド

-楽天カード

Copyright© PAPAlog , 2018 All Rights Reserved.