Amazonのお得情報や購入品をレビューするブログ

PAPALOG

テーマパーク

ひらパーのフリーパスは買うべきか!?検証しました。

GW真っ只中の5月初旬、ひらかたパークへ行ってきました。

エキスポランドがなくなった今、大阪の遊園地といえば”USJ”か”ひらパー”って感じですよね。

電車でひらパーに行く人は「ひらパーGO!GO!チケット」がおすすめです。

その辺りも解説しますが、

『フリーパスって本当に買うべき?』

という疑問を持ちましたので検証しました。ひらパーは入園のみのチケットを購入し、アトラクションは都度利用料支払いという遊び方ができます。

ひらかたパークとは

大阪府枚方市にある遊園地ですが、V6の岡田准一さんが超ひらパー兄さんとして活躍されています。

京阪電車の”枚方公園”という駅から徒歩5分程度、大阪市内からも1時間程度でとてもアクセスが良好です。

ぼくの主観も入っていますがファミリー層(小学生以下の子どもがいる家庭)が楽しめるように工夫がされています。身長110cm以上だと大人同乗であれば全ての乗り物を楽しめます。

また、ポケモンが来たり、仮面ライダーやプリキュアといったヒーローShowを行ったりと、昔ながらの遊園地という感じですね。

イベント | ひらかたパーク

営業時間

開園は10時~で統一されてますが閉園が曜日によってばらつきがあります。

平日は17時まで土日は18時まで、GWは19時まで、夏休み期間は18時までとばらばらなので下記カレンダーをご確認下さい。

営業カレンダー | ひらかたパーク

料金について

f:id:ryosuke888:20170505191057j:plain

入園+フリーパス

  • おとな:4400円
  • 小学生:3800円
  • 2歳~未就学児:2600円

入園のみ

  • おとな:1400円
  • 小学生:800円
  • 2歳~未就学児:800円

フリーパス

  • おとな:3000円
  • 小学生:3000円
  • 2歳~未就学児:1800円

年間パスポート

入園+フリーパス
  • おとな(中学生以上):17000円
  • 小学生:14000円
  • 2歳~未就学児:9000円
入園のみ
  • おとな(中学生以上):5000円
  • 2歳~小学生:3000円

駐車場

  • 普通車:1500円
  • マイクロバス:2000円
  • バス:3000円
  • 単車:無料

冬季限定

スケート料金(入場料別途)
  • おとな:600円
  • 3歳~小学生:300円
  • 貸靴レンタル料金:600円(15~30cm)
スノーランド【雪遊び】(入場料別途)
  • 2歳以上:500円

夏季限定

プール
  • おとな:900円
  • こども:500円

それぞれ入場料別途

USJと比較すると安いですね。ただし2歳から料金が発生します。※USJは4歳から

それだけ小さな子どもでも楽しめるアトラクションがあるという裏付けですね。

また夏季にはプール、冬季にはスケート・雪遊びと季節に応じた施設もあるのがポイント。プールはウォータースライダーもあり楽しそうですよ!

安く遊ぶには(割引情報)

割引を受けるには何種類かございます。

電車利用する場合の割引情報(ひらパーGO!GO!チケット)

f:id:ryosuke888:20170506092523j:plain

入園料と電車料金がセットになったお得な割引チケットとなります。

料金は下記の通りとなります。

京阪電車のみ利用の場合
  • 大人1400円
  • 小児800円

この金額で電車乗り降りが自由+入園料がセットになっています。

要するに入園料と同額で電車も利用できるということになります。とてもお得です。

さらにこのチケットをひらかたパークで提示すると、フリーパスが300円割引となります。尚、2歳~未就学児はそもそも電車料金は無料なのでこのチケットは対象外となります。

なお、冬季であればスケート入場料が割引受けれます。

  • 大人:200円割引
  • こども:100円割引

さらに!ひらパーGo!Go!チケットは京阪電車のみならず、大阪市営地下鉄、北大阪急行、大阪モノレール、叡山電車、京都市営地下鉄で乗り継ぎをする場合にも利用することができます。

例えば「大阪市営地下鉄+京阪電車」の場合は1750円となります。

ぼくは大阪市営地下鉄+京阪電車で行きましたので「ひらパーGO!GO!チケット」を利用しました。

ぼくがかかった費用を記載しておきます。ぼく+妻+子ども(未就学児)の合計3名

ぼくと妻

  • ひらパーGO!GO!チケット(大阪市営地下鉄+京阪電車)2枚:3500円(1750円×2枚)
  • フリーパス(おとな)2枚:5400円(2700円×2枚)

子ども(未就学児)

  • 入園+フリーパス:2600円

合計:11500円

どこで売ってるの?

地下鉄の定期券販売所で購入可能です。

PITAPAカードで支払い割引

PITAPAカードでお支払いをすることで、最大5名までが入園券が2割引きになります。

大人280円割引 小学生160円割引 2歳~未就学児160円割引を受けられます。

割引後の価格は下記の通りとなります。

  • おとな:1120円
  • 小学生:640円
  • 2歳~未就学児:640円

ICOCAやSMART ICOCAでも割引になるようです。

また、e-kenetカードというクレジットカードの提示でも入園料が2割引きになります。

注意点は現地でチャージできないのでしっかりチャージしておきましょう!

ようやく本題です。GWに行きましたがあまりに混雑していた為、フリーパスって本当に元がとれるのか?都度利用料金の支払いの方が良かったのではないかという疑問を検証しました。

フリーパスって本当に買うべき??

混雑していてもフリーパスって買うべき?という疑問にお答えします。

ちなみにぼくが行った日はどのアトラクションも80分待ちや長いと120分待ちという状況。10時開園〜19時閉園までみっちり遊びましたが、待ち時間が長くめちゃくちゃ疲れました。昼ごはんも並びながら食べたという状況です。

結論から言うと大人は買わなくていいけど子どもはフリーパス購入の方が得!

という感じですかね。※あくまでGWの超混雑時の個人的な主観です。

なぜそう思ったかをご説明します。

利用したアトラクション

f:id:ryosuke888:20170506092548j:plain

1日みっちり遊んだ結果がこんな感じです。※写真の黒線部分

  • スカイウォーカー
  • クレージーマウス
  • バッシュ
  • サーキット2000(子どものみ)
  • ラウディ
  • ノームトレイン
  • 摩訶不思議堂
  • サイクルモノレール
  • パチャンガ

大人8つ、子ども9つ。こう見ると意外と乗ってましたね。

都度利用だといくら?

合計:3400円 

これだけ見るとフリーパスは2,700円(入園+フリーパスが4,400円 入園のみは1,400円なので差額2,700円)なので買った方が得じゃね?ってなりますが、ゆっくり休憩もせず、あまり魅力的でないものも長時間並んで乗って…という感じですからね。

ぶっちゃけお金払ってまでそれ乗る?ってのもいくつかありました。どれかは言いませんが…苦笑

ひらパーは休憩スポットも多いので、ここまで消耗せずまったりと楽しむのもありだと思います。

飲食も他のテーマパークと比較し、そこまで高くないですし、マクドも入ってるのでリーズナブルに食事ができます

繰り返しになりますが、これはGWの超混雑時の感想なので、平日の空いているときはまた違った意見になると思います(平日が必ず空いているかは分かりませんが…苦笑)。

ひらパーへ行くならこれは持っていこう

最後に、ひらパーで終日遊んだ結果、これは持っていけば良かったと思うものがいくつかありましたので紹介します。

GWということもあり日差しはそこまで強くないだろうとなめてました。

実際は1日中歩き回るとGWの日差しでもかなり日焼けしました。なのでめちゃくちゃ晴れてる日は日焼け止めは必須です。

ひらパーでは誰もが1日中遊びまわるでしょう。また思い出作りにスマホで写真もたくさん撮ると思います。

そんな時に注意しておきたいのが充電。モバイルバッテリーを持っていれば余計な心配をせず楽しめます。

スマホの写真でも思い出作りとして十分ですが、ポラロイドカメラだとより一層気分が高まると思います。

その場で写真が印刷されることに子どもも盛り上がり、余白に日付やひとことコメントを書くとさらに良い思い出となるでしょう。

ひらパー周辺の食事処

f:id:ryosuke888:20170805124007j:plain

枚方公園駅周辺はあまり食事処がございません。

『だけどやっぱり疲れた時は焼肉でしょ!』

という方には「京都牛特選焼肉 縁」を紹介します。

枚方公園駅徒歩1分で当然ひらパー帰りにもアクセス良好です。クーポンもございますのでご利用してみてはいかがでしょうか。

まとめ:ひらパーは未就学児も楽しめる!

平日であれば大人もフリーパス購入した方がいいでしょう。職員さんも今日は混みすぎと言ってました。

個人的に木製コースターとレッドファルコンに乗れなかったのは残念です(子どもが怖がって無理でした)。

もう少し大きくなったらリベンジ!

大人も子供も楽しめるひらパーを皆さんも楽しんでください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

関連【USJ】平日の混雑状況は?写真付きで徹底解説!

関連世界の建物が大集合!淡路ワールドパーク(ONOKORO)へ行ってきたので魅力を解説!【写真あり】

関連【写真付】大阪歴史博物館へ行ってきた。休日の混雑状況は?

おすすめ記事と広告

-テーマパーク

Copyright© PAPALOG , 2019 All Rights Reserved.