トラリピ 資産運用

【驚異の勝率】トラリピとは(FX自動売買)負けないレンジ設定が肝!

投稿日:2018年8月17日 更新日:

自動売買系や積立投資系でこつこつ資産運用をしている管理人[PAPA]です。

本ページで紹介するのはマネースクエア のトラリピ。

トラリピと言えば、ぼくはトラリピ犬さんを思い出します。

トラリピで1億を稼いだ猛者です。今でいう「億り人」ですね。

トラリピ1億になりました

最近ブログ更新頻度が少なすぎて寂しいですね(´・ω・`)

トラリピ犬さんのブログを見ればトラリピについて理解できますが、せっかくなのでぼくも驚異的な勝率を誇るトラリピについて解説していきます。

レンジ設定さえ間違えなければ負ける確率は限りなくゼロになるめちゃくちゃ優秀な投資システムです。

決済トレールで利益最大化

トラリピとは

マネースクエア が提供しているFXの自動売買システムです。

90秒でトラリピが分かる動画がありましたので掲載しておきます。

スマホで動画視聴は難しい方向けには、以下の画像が分かりやすいです。

マネースクエアジャパンHPより引用

赤の買い注文と、青の売り注文を事前に発注し、自動で売買を行ってくれるのがトラリピです。

 

投資経験があれば、こんな経験をしたことがないでしょうか。

利確タイミングを逸し、利益を取り損ねた……含み益が含み損に……

 

トラリピでは利確まで全て自動で行ってくれます。

例えばドル/円の場合、

  • 100円で購入して101円で売却
  • 101円で購入して102円で売却
  • 102円で購入して103円で売却

こんな注文を自動で行ってくれます。

101円で売却したあとは、再度「100円で購入して101円で売却」の注文が自動発注されます。

なので100円に落ちてきた時にまた利益を獲得するチャンスがやってきます。

『〇〇円で購入して△△円で売却する』、〇〇と△△はご自身で設定可能です。

FXは株と違いボックス相場を形成する傾向が強く、その特性を活かし、ボックス内に細かく売り買い注文を設定することにより、相場を見る必要すらなくなります。

なので忙しいサラリーマンにおすすめです!

 

上昇相場の際にもうちょっと上がりそうだから持っておこう。結果、暴落により損をする。

 

こんなことが起こり得ません。

相場で損をするのは欲張りすぎや過信、決めたルールを守れないといった、欲望に負けることがほとんどです。

欲望が強ければ強いほど、含み益が含み損になり、また上がるかも…という根拠のない期待を抱き塩漬けになる確率があがります。

トラリピではそれらを全て排除し利益をあげることが寝ていてもできます。

あなたがやることは最初にリスク管理をした設定をするだけです。

トラリピのメリット

  • 最初に設定するだけ
  • 相場に一喜一憂せず完全放置
  • 気付けば利益が積み重なっている

このようなメリットがあります。もちろん適切な設定がされていることが大前提となります。

この適切な設定さえされていれば理論上負けない設定も可能です。

適切な設定については後述します。

口座保有者の勝率について

タイトルにもありますが、トラリピ口座保有者の勝率は驚異的です。

マネースクエアのFXの勝敗に関する調査結果で公開されていますが、内容を一部抜粋します。

調査対象は2012年~2016年までの5年間。

その間には、2012年~2014年のアベノミクス相場や2016年6月~12月の英国EU離脱~トランプ相場など相場の激変が何度かありました。

本調査では、含み損まで加味してプラスになっている口座の割合を運用資金別に調査しています。

要するに全てを決済してもプラスになっているかどうかです。

結果、

  • 200万円以上:53.5%
  • 10万円未満:38.1%

なんと資金200万以上あれば投資家の半分以上がプラスとなっています。

10万円未満でも4割程度の方がプラスになっているのは驚きです。

個人的にはめちゃくちゃ勝率が良いと思います。

そしてロスカット率、

  • 200万円以上:5.1%
  • 10万円未満:30.3%

適切な設定がされていれば負けない仕組みだということです。

運用資金が少なければどうしてもハイリスクハイリターンを追求した設定になり、ロスカットをされています。

おもしろいので読んでみてください。

トラリピのデメリット

  • 短期で一気に稼げない
  • 退屈

といったところでしょうか。

短期で一気に稼げる=ハイリスクハイリターンとなりますが、トラリピはそういう仕組みではないので気長に待つしかありません。

また、一度設定するとあとは放置するだけなので、投資をしている感覚はなくなります。これは人によってはメリットにもなりますね。

トラリピの対象通貨ペアは?

11種類の通貨ペアがあり、南アランド以外は1,000通貨から取引きが可能です。

トラリピで大人気なのは豪ドル/円ですね。

値動きもスワップもあり稼げるだろうと期待できる通貨ペアです。

ぼくも当初は豪ドル/円でスタートしましたが、すぐに加ドル/円に変更しました。

理由はこちらの記事をご参考ください。

関連トラリピ運用「豪ドル/円」から「加ドル/円」に変更!理由や設定。

トラリピの適切な設定とは

適切な設定=完全放置でもロスカットされない設定と定義付けします。

【ロスカットとは】

お客様の損失が所定の水準に達した場合、それ以上に損失が拡大しないようにするため、当社がお客様の建玉を強制的に決済することです。

有効比率が基準値(100%)未満に達しますと、ロスカット(付け合せ時間内の商品におけるすべての保有ポジションに対して反対売買を行います)が執行されます。

引用元:マネースクエア公式HP

ロスカットとは要するに損失が膨らみこれ以上は危険なので強制的に損失を確定してこれ以上のリスクを排除しておきますね。ということをマネースクエアが自動で行ってくれます。

人間負けが膨らめば正常な判断ができなくなり、借金をしてまで取り返そうとする人が多いですからね…(^^;

マネースクエアではロスカット水準を自動で計算してくれるめちゃくちゃ便利なツールがあります。

口座を持っていない方でも見れるか不明ですが貼っておきます。

公式らくトラ運用試算表

▼らくトラ運用試算表

加ドル/円、資産30万円、82円~86円に0.2銭刻みで1,000通貨、と実際に数字を入力しています。

最下部の東京15時ロスカットが73.07円自動ロスカット72.40円となっています。

15時時点で73.07円、もしくは72.40円になるとロスカットされてしまうということです。

ロスカット=負けということです。

加ドル/円の過去最安値はいくらなのか?

2000年以降の最安値は68円台となります。2008年のリーマンショック後につけた値段です。

念のためチャートも見ておきましょう

ここまでくればロスカット水準をどのくらいにしておけば安心できるかお分かりですね。

67円台にしておけばかなり安心でしょう。

67円台にするには資金を増やすか注文本数を減らすしかありません

今回の設定は82円~86円と狭いレンジのため、本数は減らしたくありません。

なので今回は資金を増やしてみましょう。

資金を30万→41万にすることにより、ロスカット水準も67円台となりました。

かなり安心ですね。

このようにロスカット水準を過去の最安値以下、さらにそれよりも下げることにより、ロスカットがされず、理論的に負けない設定となります。

このような設定を一目で分かるツールがあるからこそ、上述の通り、驚異的な勝率をあげています。

ツールを見れない場合は口座開設が必要です。

決済トレールで利益最大化

まとめ

トラリピはレンジ設定が肝!だとお分かり頂けましたでしょうか。

まずはロスカットされない設定を考え、その後、利益最大化について検討をすすめていけば、不労所得獲得に向けて前進できることでしょう。

マネースクエア

最後までお読みいただきありがとうございました。

▼PAPA投資シリーズ

実績公開してますのでよかったら参考にしてください!

第1弾:Zaifコイン積立で毎日333円購入

第2弾:トラリピを30万円で運用

第3弾:トライオートETFを20万円運用

第4弾:トライオートFXを15万で運用

第5弾:One Tap BUY積み株で毎週購入

-トラリピ, 資産運用

Copyright© PAPALOG , 2018 All Rights Reserved.