「投資×副収入=豊かな人生」を研究する副業ブログ

PAPALOG

仮想通貨

DMM Bitcoinとは?最大の特徴はアルトコインでレバレッジ!入出金手数料も無料!(DMMビットコイン)

投稿日:2018年1月21日 更新日:

開催中キャンペーン
①新規口座開設で1,000円プレゼント!
~2018年6月30日まで
②20,000円相当「国産和牛カタログギフト」などプレゼント!!
~2018年6月30日まで
詳細:公式DMM Bitcoin

大手のDMMが2018年1月とうとう仮想通貨市場に参入しました。

DMMと言えばFX会社を運営しているだけあって「DMM bitcoin」も非常に魅力ある内容です。最大の特徴はアルトコインでレバレッジ取引き(仮想通貨FX)ができることでしょう。レバレッジ取引きの特徴はいくつかありますが、個人的には売りから入れることが最大の特徴と感じています。

通常は買って価格が上昇すると利益(含み益)となります。「売りから入る」とはその逆で、価格が下落することによって利益を得る手法です。

慣れないとイメージしにくいと思いますが、例えばコインチェックのネム流出事件の際、価格が大きく下がりました。大きな損失となった人も非常に多くいます。逆に売りから入っていたら大きな利益をあげれます。高級外車や家を建てれるほど稼いだ人もいることでしょう。是非売りから入る手法も学んでみてください。

本ページではDMM bitcoinの特徴をまとめました。内容もさることながら、口座開設だけで1000円貰えますのでおすすめです。

運営会社の株式会社DMM bitcoinについて

まずは運営会社である株式会社DMM bitcoinについてです。

会社名 株式会社DMM Bitcoin
設立年月 平成28年11月
事業内容 仮想通貨交換業及び金融付帯業(差金決済取引)
代表取締役 田口 仁
資本金 2億9000万円
住所 東京都中央区日本橋2-7-1東京日本橋タワー10階
登録番号 関東財務局長 第00010号(仮想通貨交換業)

平成29年12月1日に仮想通貨交換業者(関東財務局長第00010号)登録済みです。

DMM bitcoinの特徴

取扱通貨は7種類

ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)
ネム(XEM)
リップル(XRP)
ライトコイン(LTC)
イーサクラシック(ETC)
ビットコインキャッシュ(BCH)

アルトコインでレバレッジ取引!

様々な手数料が無料

スマホアプリが使いやすい!

日本円だけでなくビットコインとイーサリアムも証拠金として活用可能!

取引時間

取引時間は24時間365日。ただし、毎週水曜日12:00~18:00はメンテナンス時間となり取引はできません。

かなり絶望的なデメリット!日中に取引できないため、ポジション保有していると身動きがとれず思わぬ損失になるので注意が必要です。

入出金(入出庫)手数料

f:id:ryosuke888:20180121161956p:plain

日本円の入出金、全て手数料無料。
※銀行手数料は要負担

仮想通貨の入出庫、全て手数料無料。
※マイナーに支払う手数料は要負担。

2018年4月22日時点のマイナー手数料は以下の通りです。
BTC:0.0008BTC
ETH:0.001ETH
BTCとETH以外の通貨は現物でなくレバレッジ取引きの為、出庫不可。

出金は依頼より3営業日以内に実行。結構時間がかかります。

トレードする際は「ウォレット口座」から「取引口座」へ振替が必要!
出金する際は逆に「取引口座」から「ウォレット口座」へ振替が必要!

取扱い通貨は7種類

 

f:id:ryosuke888:20180121182252p:plain

再掲ですが以下7種類取り扱っています。

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ネム(XEM)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • イーサクラシック(ETC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)

日本で大人気のネムとリップルを取扱い中!

通貨ペアは全14種類

通貨ペア 現物 レバ 通貨ペア 現物 レバ
BTC/JPY ETH/BTC
ETH/JPY ETC/ETH
XEM/JPY XEM/BTC
XRP/JPY XRP/BTC
LTC/JPY LTC/BTC
ETC/JPY ETC/BTC
BCH/JPY BCH/BTC

現物取引はビットコインとイーサリアムの2種類のみ。アルトコインは全てレバレッジ取引。

レバレッジ取引きは1日ごとに手数料が発生するので長期保有よりは短期で売買を繰り返していくのに向いてます。手数料については後述します。

レバレッジ取引(差金決済)とは

公式サイトで分かりやすくまとめられていますので引用します。

レバレッジ取引は取引ごとに受け渡しが行われるわけではなく、仮想通貨を売買したときの「差額の現金のみ」を「決済時に受け渡す」差金決済の取引となります(仮想通貨の受け渡しは行われません)。また、「買い」からだけではなく、「売り」から取引することができます。

差金決済では、現物の受け渡しがないので、取引の際に取引金額の全額を用意する必要はありません。しかし、取引により損失が生じた場合でも決済ができるよう、一定額の資金を預け入れる必要があります。この預け入れる資金を「証拠金」と呼びます。
そのため、お客様は預け入れた資金以上の金額の取引を行うことが可能となっており、これをレバレッジ効果といいます。

※DMM Bitcoinでは日本円の他、仮想通貨(ビットコイン・イーサリアム)を証拠金としてご利用いただけます(仮想通貨は時価で円換算した額を証拠金として利用します)。

原則としては最低限の資金は温存されますが、相場の状況等によっては預託された証拠金以上の損失が発生することがあります。

クリスマス頃の急落、年明け早々にも急落と、仮想通貨市場は値動きが一方的で大きくなる傾向があります。そのような相場でレバレッジ取引が可能というのはとてつもなく大きな意味を持ちます。

暴落局面で売りから入れるのは最強の武器!

DMM bitcoinのレバレッジ取引きの内容

取引手数料

f:id:ryosuke888:20180121162009p:plain

全て無料

レバレッジ手数料は「0.04%/日」の手数料が発生します。※建玉を翌営業日(毎朝7:00が1日の区切り)に持ち越した場合のみ

例えば100万円分購入すると1日あたり400円の手数料が発生します。30日保有すると12,000円、さらにスプレッドも広い・・・どう考えても長期保有には向かないので注意しましょう!塩漬けもNGです!

レバレッジ倍率

5倍固定

日本は5倍固定が多いですね。GMOコインも以前は5倍・15倍・25倍とありましたが、一律5倍に変更となりました。

ロスカットルール

証拠金維持率が80%以下になった時点で、未決済ポジションが強制的に決済(ロスカット)されます。併せて未約定注文は全て(現物・レバレッジともに)取り消されます。

※証拠金維持率=(純資産-注文証拠金)÷ポジション必要証拠金×100

 

f:id:ryosuke888:20180121215617p:plain

 

多彩な注文方法!

DMM bitcoinでは以下の注文方法があります。

  • ストリーミング注文
  • 指値・逆指値
  • IFD
  • OCO
  • IFO

それぞれ解説します。

ストリーミング注文とは

リアルタイムのレートで注文する方法です。併せてスリッページを設定します。成行注文に似ていますが少し違います。

仮想通貨の値動きは非常に大きく数秒後には数千円上下していることは多々あります。成行注文では思わぬ高値で決済してしまうことがありますが「ストリーミング+スリッページ」ではそのリスクを限りなくゼロに減らせます。注文時にスリッページの範囲外だと注文が成立しません。具体的には以下の通りです。

例)

ビットコインがASK(買)1,000,000円の際にストリーミング注文(1,000,000円)でスリッページを「5」と設定した場合。

  • 1,000,000⇒約定
  • 1,000,003⇒約定(スリッページ内)
  • 1,000,006⇒約定しない(スリッページ外)

スリッページ「5」は上下に5なので999,999の場合でも約定します。

価格変動が緩やかな際に利用する注文方法です。

指値・逆指値注文とは

指定した値になったら購入、あるいは売却、という注文方法です。

似ているように感じますが、指値と逆指値は全く違う注文方法となります。以下具体例です。

例1)

ビットコイン現在値=1,000,000円

指値:900,000円まで下がったら買い
逆指値:1,100,000円まで上がったら買い

このような注文となります。逆指値の使い道は「チャートで上値抵抗線を抜けてから買いたい場合」などに使用します。また決済時にも利用できます。

例2)

ビットコイン現在値:1,100,000円
1,000,000円で購入して保持中(含み益100,000円の状態)

もうちょっと上がるんかもしれないので保持しておきたい!
だけど下がった場合は5万円でもいいから確実に利確したい!という場合に、

逆指値:1,050,000円で売注文

すると1,050,000円まで下がった場合に自動的に利確をしてくれます(5万円の利確)。

※指値で1,050,000円で注文を入れると1,100,000円で決済されてしまいます。

逆指値は以上のような使い方が可能です。

IFD注文とは

「〇〇円になったら新規で買い、そのあと△△円になったら決済(利確)したい」というように新規注文と決済注文を同時に行う方法です。相場を見れない時でも自動で決済まで完了するのでとても便利な注文方法です。

OCO注文とは

新規注文でも使えますが、基本的には決済注文に利用します。

「保有通貨が〇〇円になれば利確、△△円になれば損切り、と同時に注文を出せます」

例)1,000,000円でビットコインを保有していた場合、1,100,000円になれば利確、950,000円になれば損切りと2つの注文を同時に出せます。

IFO注文とは

IFD注文とOCO注文が合体した注文方法となり、忙しい人には究極の注文方法なので覚えておきましょう。

「〇〇円になったら新規で買い、そのあと△△円になったら利確決済、だけど□□円になったら損切り決済したい」という注文方法です。

新規注文と同時に、その新規注文が成立した場合にOCO注文の「利確のための注文」と「損切りのための注文」をワンセットで出せます。

自分の意志に関係なく利確、損切りを行ってくれるので大変オススメできます。

以上となりますが、さすがFX会社を運営しているだけあり、かなり多彩な注文方法があり充実していますね。

スマホアプリに対応!

アプリは以下よりダウンロード可能です。

DMM Bitcoin

DMM Bitcoin
無料
posted with アプリーチ

需要があれば別途使い方レポートします。

LINE問い合わせにも対応!

f:id:ryosuke888:20180121183606p:plain

LINE ID:@dmmbitcoin

LINEでのお問い合わせにも対応しておりますので何か不明点がある人は問い合わせてみてはいかがでしょうか。

DMM bitcoinのデメリット

  • 水曜日のメンテナンスが長すぎる!
  • 販売所形式のみ(2Wayプライス方式)
  • アルトコインのスプレッドが広い・・・

2Wayプライスはメリットととるかデメリットとるかは人それぞれだと思いますが個人的には手数料(スプレッド)が発生するためデメリットと記載しました。

ビットコイン、イーサリアムはそれほどですが、その他アルトコインのスプレッドの広さはかなり不便です。

常に変動しますが参考までに数値記載します。※2018年1月22日のとある時間

ネム(XEM/JPY)
Bid(売)115.241円
Ask(買)127.578円
スプレッド 約12円

リップル(XRP/JPY)
Bid(売)152.415円
Ask(買)163.940円
スプレッド 約11円

ビットコイン(BTC/JPY)
Bid(売)1,309,944円
Ask(買)1,313,447円
スプレッド 約3500円

DMM bitcoinの特徴まとめ

いかがでしたでしょうか?デメリットもありますがぼくはメイン取引所の一つとして利用しています。

大手の安心感、BTCおよびETHを証拠金として取り扱える、アルトコインのレバレッジ取引に対応、多彩な注文方法、

これらのメリットはかなり大きいと個人的には思っています。

ぼくの手法は、ETHを証拠金として保有、下落局面でBTCをFXで売りから利益を上げ、その利益でETHを現物で安く購入。これでETHの枚数を増やしています。

冒頭お伝えした通り、口座開設だけで1,000円もらえます。そして売りから入れる仮想通貨FXを少額から初めて慣れてみてください。今までと違った世界が見れます。

コインチェックからのイーサリアム送金方法も書いています。

コインチェックからDMM bitcoinへイーサリアムを送る方法を分かりやすく解説 | スマホ完結!

最後までお読みいただきありがとうございました。

-仮想通貨

Copyright© PAPALOG , 2018 All Rights Reserved.