仮想通貨

bitbankの特徴まとめ | リップルもライトコインも全て板取引!

更新日:

f:id:ryosuke888:20180130203929p:plain

本記事はビットバンク社が運営している「bitbank.cc」の記事となります。同じくビットバンク社が運営している「bitbank Trade」とは異なりますのでご注意ください。「bitbank Trade」ビットコインFXに特化した取引所となり、「bitbank cc」とは別サービスとなります。※bitbank Tradeについても近日中に記事を書く予定です。

さて話は逸れましたが、1月26日のコインチェック580億円不正流出を受け、金融庁は各取引所に対し、システムの緊急調査を実施しています。

bitbankは1月29日に以下の通り運用体制を公表しました。これがCCとは比較にならないほどしっかりしており、じわじわ人気が高まってきているようです。

仮想通貨取引所ビットバンクのコールドウォレット・マルチシグ運用体制について

本ページではセキュリティ意識の高いbitbank.ccの特徴をまとめました。

セキュリティ懸念が明るみになった現在、仮想通貨への投資を検討されているなら準備しておいて損はない取引所だと思います。

運営会社はビットバンク株式会社

まずはビットバンク株式会社の概要まとめます。

会社名 ビットバンク株式会社
設立年月 2014年5月
事業内容 仮想通貨関連事業
代表取締役CEO 廣末紀之
資本金 11億3100万円(資本準備金含む)
住所 東京都品川区西五反田7丁目20-9 KDX西五反田ビル7F
加入協会 日本仮想通貨事業者協会
ブロックチェーン推進協会
登録番号 関東財務局長 第00004号(仮想通貨交換業)

仮想通貨交換業者登録(関東財務局長 第00004号)も平成29年9月29日にしています。

以下よりビットバンク株式会社が運営している「bitbank.cc」の概要や特徴をまとめます。

bitbank.cc の特徴

取扱通貨は7種類
ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)
リップル(XRP)
ライトコイン(LTC)
モナコイン(MONA)
ビットコインキャッシュ(BCH)

全て取引所形式!
リップル・ライトコインの取引所形式は
日本で唯一!
※2018年1月時点

全ペア手数料無料キャンペーン中!

セキュリティ意識が高い!

板取引きは初心者には難しく感じると思いますが、販売所形式(コインチェックなど)で購入していると手数料とられ放題なのである程度慣れたタイミングで板取引きに移行しましょう。

bitbank.ccのトレード画面▼

f:id:ryosuke888:20180202163119p:plain

取引時間

24時間365日

入出金手数料について

f:id:ryosuke888:20180130204011p:plain

入金は全て無料!※振込手数料はユーザー負担

出金時はそれぞれの通貨で表の通りの手数料が発生します。

取扱通貨は7種類!

再掲ですが以下7種類です。

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • モナコイン(MONA)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)

通貨ペアは8種類!

取り扱い通貨は7種類ですが通貨ペアは8種類です。BTC建てで購入できるのが特徴的です。

  • BTC/JPY
  • XRP/JPY
  • LTC/BTC
  • ETH/BTC
  • MONA/JPY
  • MONA/BTC
  • BCC/JPY
  • BCC/BTC

「仮想通貨交換業登録記念!全ペア手数料無料キャンペーン」実施中!

仮想通貨交換業へ登録に伴いキャンペーン実施中です。期間は2018年3月31日0時までの予定。一度延長しているので再度延長を期待したいですね。

「テイカー/メイカー」共に、全取引ペアすべての取引手数料がゼロになります。板取引のため手数料完全無料の素晴らしい内容です。他の取引所は手数料無料と謳っていても広いスプレッドでしっかり手数料徴収しています・・・

ちなみにテイカーとメイカーは以下の通りです。

メイカー:板に並んでいる人達。いわゆる指値注文
テイカー:並んでいる注文を成立させる人達。いわゆる成行注文

リップル(XRP)を買うならbitbank.cc一択!

2018年1月時点では間違いなくbitbank.cc一択です。

コインチェックだと3~4%程度手数料がとられます。

GMOコインだとスプレッド8円程度あります。(80円だと5%程度)

DMM bitcoinはそもそもレバレッジ取引きなので現物購入とは違います。ちなみにレバレッジ取引きする際のスプレッドは12円程度と馬鹿みたいに手数料持っていかれます・・・

なのでリップルを買うなら間違いなくbitbank.ccがオススメです。もちろんライトコインも同じくオススメです。

bitbank.ccの特徴まとめ

全通貨ペア板取引き形式は最大の魅力です!

直近始めたユーザーは今回のコインチェックの件もあり、含み損を抱えているかもしれませんが、復活した暁には板取引きを断然オススメします。

今回の件もありますので、取引所はたくさん開設して資金を分散させておくのも個人レベルができる対策の一つです。

あとしつこいですがリップル買うならbitbank.cc一択!

おまけ:念のため2段階認証の設定方法

ログインするといきなりトレード画面へ遷移し、分かりずらいかと思いますので念のため設定方法記載しておきます。ログイン時の二段階認証が2月7日11時にリリースされました!

右上の「人型マーク」にカーソルをあわせるとプルダウンメニューが表示されるので「セキュリティ」を選択→二段階認証の設定を選択。するとQRコードが表示されるのでAuthenticatorで読み取り二段階認証の設定完了。必ず実施しておきましょう。

f:id:ryosuke888:20180130205250p:plain

最後までお読みいただきありがとうございました。

-仮想通貨

Copyright© PAPAlog , 2018 All Rights Reserved.